紺仁:綿ちぢみ更紗(金魚) [47/162]

紺仁:綿ちぢみ更紗(金魚) [47/162]

販売価格: 86,000円(税別)

(税込: 94,600円)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

在庫数1点
仕立ての有無:
お仕立て方法:
洗える素材の居敷当てとなります
居敷当ての有無:

販売価格: 86,000円(税別)

(税込: 94,600円)

数量:

商品詳細

初夏の陽気に、晩夏や初秋に

 

「まだゆかたを着るには早いけど、正絹の単衣は暑い

「もうゆかたを着る季節ではないけど、残暑が厳しすぎる…

ゆかたの前後に「必要な」、普段着物のワードローブ
ぜひ加えていただきたい一反です。


昨今の温暖化の影響で、「秋ゆかた」という言葉もできるほど
夏物を着る時期が長くなっています。

4月でも夏日になったり、9月どころか10月でも残暑が続いたり、
着物を着たいのに、何を着たら良いかわからない」という
方もいらっしゃるのではないでしょうか。


悩める皆さまにお勧めしたい着物の一つ、綿ちぢみ

この綿ちぢみは、楊柳加工した綿100%の生地で
織られており、透け感はありません。


麻の小千谷縮と同じく、楊柳加工した生地は
摩擦抵抗が少なく、足さばきも肌触りも軽やかです。

そしてもちろん、ご自宅でお洗濯が可能です。


製造元は、江戸時代から続く藍染めの産地、
新潟県小千谷市片貝にある「紺仁(こんに)」という、
木綿の型染に傑出した技術を持つ老舗です。

木綿の染めにこだわり、デザイン・織り・染めまで
自社のみで作られています。

 

実際に、店長が自ら工房に出向き染織しているところを

学ばせていただきました。

素材は木綿ですが、正絹の着物を染める技法と同じく

一色で一枚の型紙を使い、手染めで染めた作品です。

 

花や実をディフォルメしたようなモチーフに
唐草が伸び、合間を悠々と金魚が泳いでいます。

尾ひれが花びらのようだからか、たくさんいるのに
意外と気づかれない(?)、だまし絵のようなデザインです。


墨黒の地色は楊柳生地の質感もあって、暑すぎず
涼しすぎずの印象なので、季節をまたいで着るには
ちょうどいい一着になります。

アクセントカラーは淡いピンク、ほんのりクリーム色、
そしてふんわりしたライムグリーン。

カラフルな色遣いは、帯の色とリンクしやすいので
シンプルなデザインで色遊びがお勧めです。 


「ゆかたと正絹単衣の合間に着たい、洗える着物」

これからの時代に必要なジャンルです。

 

※コーディネートは参考商品(別売り)です。

  

【素材】 綿100% (反幅:1尺2分/約38.5センチ)

 

※ご覧いただいている環境によっては、
色味が違って見える場合がございます。
予めご了承下さいませ。