小千谷縮:竹麻縮/モノトーン [41/395]

小千谷縮:竹麻縮/モノトーン [41/395]

販売価格: 62,500円(税別)

(税込: 68,750円)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

在庫数1点
麻・綿麻着物仕立【国内総手縫い仕立】:

販売価格: 62,500円(税別)

(税込: 68,750円)

数量:

商品詳細

経糸が竹100%、緯糸に麻100%を使った、
普通の小千谷縮とは「ひと味違う」
風合いの縮です。


最大の特長は、その柔らかさ

「竹だから固いのでは…?」と思った方。
きっといらっしゃいますよね。

私も触るまでは、ハリ感が増すのかと
思っていました。


でも、この竹麻縮は「しなやか」なのです。

普通の麻100%の小千谷縮を5年くらい着て
洗ってを繰り返したしなやかさと同じくらい、
柔らかいのです。

麻のハリ感、シャリ感がお肌にツライという
方にもオススメです。


また、竹の繊維は艶感も麻に勝ります。

楊柳加工してあるので、光が乱反射して
小千谷縮なのに、正絹に近い艶やかさ
もお勧めポイントの一つです。


鉛色(青みを帯びたグレー)と黒の細い縞は
年代を問わずいつまでも着こなせ、
単色のグラデーションなので帯合わせもしやすく、
また帯次第でイメージも変わります

 

また、幅も1尺7分あるので
男性でも女性でもお仕立てできます。

 

当店の店長が、
夏のイチオシ素材としてお勧めする
「小千谷縮」

ゆかたを探しに当店にご来店されたことが
ある方は、必ず「激推し」されます(笑)

といっても決して「購入」を勧められるのではなく(?)
素材としての優秀さと着心地、そして
アフターメンテナンスの簡単さを力説されるのです。

 

いわく、

洗濯機で洗濯でき、脱水は1分ほどで充分。
 乾きやすい上にアイロンは不要です。 

脱水後は、着物ハンガーにかけて、
洗濯機の中でたたみシワになっていた部分を
手アイロンで広げて干すだけでOKです! 

・絹の歴史よりもずっとずっと古くから、着物として
着られていたので、絹よりもずっと扱いが楽です。

夏着物としても、ゆかたとしても着られるので
 着用シーンが広がります。

・麻は天然繊維の中で最も吸湿・発散性が高く
 蒸れにくい素材です。

・シボ加工してあるので肌に当たる面積も少なく
 涼しく着こなせます

・同じくシボ加工してあると、布同士の摩擦も
 少ないので、歩きやすいです。

・麻素材は「シワ」を楽しむ素材なので
 気楽にお召しいただけます。

・着れば着るほど、洗濯すればするほど
 柔らかく肌になじみ、着心地が
 どんどん良くなります

・裏ワザ(?)として、真夏日などの暑い時には、
 霧吹きで湿らせると、気化熱で涼しく着用できます。
 ※ただし、帯にはご注意ください。

 

店長より

『島屋入社以来、四半世紀以上にわたり数百回も
小千谷縮を着て、数えきれいないほど洗濯機で洗っています。

着てみないと、分からないことがたくさんあります。

数百回来たからこそ、分かる事もたくさんあります。

小千谷縮の事なら、どんなことでも
私店長にお聞きください(^^♪』

 

暑い日のお出かけのワードローブに、
小千谷縮を加えてください。 
激推しの理由がお分かりいただけると思います♪

  

※コーディネートは参考商品(別売り)です。

 

【素材】 麻100% (反幅:1尺7分)

 

※ご覧いただいている環境によっては、
色味が違って見える場合がございます。
予めご了承下さいませ。