希少品 黄八丈 角帯 [57/1048]

希少品 黄八丈 角帯 [57/1048]

販売価格: 72,800円(税別)

希望小売価格: 118,519円

在庫数在庫あり
数量:

商品詳細

経済産業大臣指定 伝統的工芸品

本場黄八丈 正絹角帯

手織り 草木染め

 
しっかりとした張があり、馴染めば馴染むほど重みのある渋い色艶が楽しめます。

長い年月を経ても、変色することがありません。

黄八丈は黄を主色とし、それに樺(かば)と黒の二色と無地の白を加えて縞柄に織り上げられます。

その3色の染料は、全て八丈島の植物のみを使用。
純粋な草木染めです。

上記の黒を使用し変わり柄縞を織り出した正絹黄八丈角帯です。

黄八丈の一番代表的な”黄”の色は八丈島で、刈安と呼ばれるイネ科の1年草を使います。
同じ刈安でも季節によって色が異なるので秋口の一番いい色が出るものを収穫して使います。


樺は八丈島でマダミと呼ばれる13m近くにもなる木の生皮を剥いだ
直後のものが最良で、時間が立つといい染料にはならなくなります。


その締め心地は適度な張りがあり 使い込むに従い馴染み 
その魅力的な色目と共に愛用の角帯になると思います。


そして、黒は八丈島では椎ーシイーと呼ばれる樹皮を使います。

どの染料も、熟練の職人の経験で作りだされる見事な染料となります。


起源は古いのですが、はっきりとした起源は不明ですが
室町時代から記録があり、将軍へのお品として江戸時代には献上されていた様です。


※帯以外の商品と映っているものは、コーディネートの見本としているもので
金額は帯だけの金額です。


長さ:428センチ以上 幅10.2センチ