藤井絞:雪花絞り/ブルーグレー [48/718]

藤井絞:雪花絞り/ブルーグレー [48/718]

販売価格: 90,000円(税別)

仕立て:
数量:

商品詳細

模様を染める『絞り技法』はたくさんありますが
雪花絞り(せっかしぼり)はその中でも
「板締め絞り」という凹凸感のない技法の一つです。

 

『絞りは太って見えるから・・・』という方がいますが
この商品には、それはありません

太って見えるという、それらの多くは
凹凸がしっかりある絞り柄の事をさす場合が
ほとんどです。 

 

染め方は、まず生地を縦に屏風たたみし
次に三角形の蛇腹にたたんで同型の板に
挟み、その状態のまま板を両側に当てて
ひもで強く締め、染料に浸して染めます。  

主に、板と板に挟まれて生地が出ている部分を
染料につけると、その部分から染料が浸透して
染まっていきます。

染め上がると、まるで万華鏡をのぞいたような
不思議な文様になります。 

昔はゆかたに多用されていましたが
近年の雪花絞人気のため、最近は
正絹(絹100%)の着物にも
染められるようになっています。

  

そして、この生地は。 

『残念ながらこのしなやかな着心地は
画像では伝わりません』 

私店長が、この生地に初めて出会ったのは、
藤井絞の藤井社長がこの反物を自分で仕立てて
着ていた時です。 

まさか綿麻素材だとは思わず、当然のように
正絹(絹100%)だと思っていました。 

藤井社長に”これ、うちのオリジナルの綿麻素材なんです

と言われて袖を触らせてもらった時の衝撃の触感
今でもはっきり覚えています。

触った後でも、そのしなやかさに心動かされ
『自分で着てみたい!』と思い、当時は
島屋呉服店でも扱っていなかった綿麻の着物を
仕入れて自分で着始めました。 

それまで正絹の着物しか着たことのなかった私にとって、
この綿麻の着物は、私の『絶対正絹神話』を
いい意味で大きく裏切ってくれました。  

洗濯機でもジャブジャブ洗えて、アイロンいらずで
洗うたびにしなやかになる、
魔法のような素晴らしい生地です。 

 しかも、備長炭入りの糸を使っているので
デオドラント効果に大変優れていて、
炭火の焼肉屋さんに行って次の日洗おうと思った
その次の日に『炭火臭』がほぼ皆無でした。

 

絞り染めの歴史はたいへん古く
インドの染色技術が大陸との交流によって
奈良時代には日本に渡来していたと
言われています。 

絞りの技法は長い年月をかけ
歴代の匠たちが様々な改善・工夫をこらし
現代でも感動とときめきを与えてくれています。

 

雪花絞は、一見似たようなデザインに見えますが
一反一反、板締めをして染めているので
100%同じ色柄というのは物理的に無理です。 

そのため、全てオンリーワンのデザインです。

 

また、反幅が1尺1分と広いので
男性でも女性でもお仕立てできます

59kimonoにも使われ、この生地を使った商品は
毎年大人気です。

  

サラリとして着心地抜群、しかも
自宅でお洗濯も可能なので、
普段使いに欠かせない一着になりそうです。

 

 ※コーディネートは参考商品(別売り)です。

 

【素材】 綿70%、麻25%、備長炭入りレーヨン5%

 

※ご覧いただいている環境によっては、
色味が違って見える場合がございます。
予めご了承下さいませ。