紫織庵:葡萄疋田地(綿絽) [48/686]

紫織庵:葡萄疋田地(綿絽) [48/686]

販売価格: 30,000円(税別)

仕立て:
数量:

商品詳細

一般的に、着物の柄は旬か先取りが
好まれます。

夏のゆかたに、秋の草花がよく使われるのは
先取りの柄だからなのです。

秋の果物であるブドウは、先取りの意味
だけでなく、縁起柄でもあります。

縁起柄としての意味は「豊穣」「子孫繁栄」
「生命力」「人とのつながり、人間関係の豊かさ」
などがあります。


たわわに実ったブドウの房は、ひと粒ずつ
先端が染められ、大きく描かれた蔦も
葉脈がくっきりと染められています。

 

地模様が疋田絞りのようになっているため
白場が多く、地色が落ち着いた青磁色でも
全体的に華やかな印象です。

 

紫織庵では、大正期から昭和初期の流行柄を
モダンにアレンジして復刻しています。 

生地も国産の綿絽を使用しており、
当店のお客様で『紫織庵の綿絽を着たら
他のに手が伸びないほど着心地がいい』
おっしゃった方もいる、素晴らしく上質な綿絽です。
 

染めは京都で行い、実際に当店の店長が
その工房に出向き、染色している様子を
見学させていただきました。

 
反物一反を、板場に貼り型染めしていきます。

紫織庵のゆかたはどれも、
色の数だけ型紙を変える京友禅染め
一反ずつ丁寧に染められています。

半衿や足袋で着物風にも着こなせるので、
爽やかな夏のお出かけ着として重宝します。

 

汗をかいたり汚れたりしても、ご自宅で気軽に
お洗濯ができるのも嬉しいポイントです。
 
 
お洗濯後よくすすぎをして、短時間
(30秒〜1分程度)脱水をして
たたみジワを手で伸ばしながら
着物ハンガーにかけて干していただければ
アイロンがけも、糊付けも不要です。
 
パリッとした感じがお好きな方は
お好みに合わせて、糊付けしてください。


絽の生地ですので、居敷当を付けての
お仕立てをお勧めいたします。

 

※コーディネートは参考商品(別売り)です。

 

【素材】 綿100%(綿絽)

※ご覧いただいている環境によっては、
色味が違って見える場合がございます。
予めご了承下さいませ。