竺仙:撫子(奥州絣) [48/425]

竺仙:撫子(奥州絣) [48/425]

販売価格: 40,000円(税別)

仕立て:
数量:

商品詳細

撫子(なでしこ)の花の名前は、花姿が
「撫でたくなるほどかわいらしい」ことに
由来すると言われています。 

万葉集でも「大和撫子」という表現があるほど、
古来より理想の女性像を表す言葉として
使われています。  

まさに、女性らしさを表現するのにふさわしい
竺仙のオトナゆかたがコチラです。

 

柄は注染(ちゅうせん)で染められています。

注染とは、型紙を置いて特殊な糊で防染する工程を
じゃばら状に重ねた生地に繰り返し、
その上から染料を注ぎ、表裏なく均一に模様部分を
染め上げる、伝統的な型染め技術の一つです。

1反ずつ手作業の職人技で染め上げるため、
ぼかしやにじみがその着物の「味」になります。 

 

生地は奥州小紋を染めるのと同じく、
節のある紬のような風合いです。

ゆかたとしても、夏着物としても
お召しいただける、上質な肌触りです。

 

凛と。

可憐に。

爽やかに。

単色の濃淡に、貴女らしい色を帯で重ねて
大和撫子らしさを表現してください。

 

 ※コーディネートは参考商品(別売り)です。

 

【素材】 綿100% 

 

※ご覧いただいている環境によっては、
色味が違って見える場合がございます。
予めご了承下さいませ。